1/17、窓辺と桜坂と、それから神戸。

今日も朝早くから花壇にいました。
なんだか雨が降り出しそうな天気。降らなきゃいいけど…(結局、昼頃降りました)
さて、今日はいつもとは少し違うところに咲くあいりちゃんです。
咲いているのは、いつも撮影している一株だけではありませんし、育っているのも、三島学園で一か所ではありません。
K4020114.JPG
まずはここ。三島学園花壇です。
小さいながらも、二輪のお花が咲いています。
ただ、右のお花の元気がややないことが気になりますが。
でも、どちらもそれなりに元気がありそうです。その証拠に、少し上を向いています!
K4020119.JPG
つぎは百周年記念棟。窓辺でも育っています。
どれがあいりちゃんかわかりましたか?
ans.jpg
答えは上の通り。
温かい場所で、ゆっくり春に備えて準備中です。

続いて学園紹介です。
K4020113.JPG
通称「桜坂」の通用門です。
ここで気になるものを発見しました。
こちらです!
K4020112[480].jpg
あらら…やっぱりどこに行ってもいますよね。こういう人
泉中央の駅前なんかでもひどい状態ですよ。いつも。
学生・生徒のみなさーん!三島学園には駐輪場がありますよ~!
ひとのふり見て我がふり直せ、ですね。こうしたことはしないように気をつけたいと思います。

さて、今日は阪神淡路大震災からちょうど23年ですね。
私は以前、神戸の「人と防災未来センター」(外部リンク)を訪問しました。
そこで、阪神淡路大震災のすさまじさを知りました。
東日本大震災とはまるで性質の違う地震で、その揺れや火災が被害を大きくしたようです。
頻繁に地震の起こる宮城県とは違い、建物の強度も足りず、県や市の防災意識もより不足していたように思えます。
他人事ではありませんね。私も防災意識を持ち続けたいと思っています。
今日は阪神淡路大震災被災地のことを想いながら、この記事を終わりにしたいと思います。


近頃気温差の激しい、三島学園花壇でした。


この記事へのコメント