11/15、七五三。

今日は七五三でした。7歳・5歳・3歳のいずれも過去のものになってしまった私には直接影響はありませんが…
そんな七五三のお話は後回しにして(オイオイ)、まずは花壇を見てみましょう。

K4020650.JPG
曇り空の下に、二つの花、そして複数の蕾が出ています。
6号館の工事もすすみ、クレーン車のアームが空まで伸びています。
今日は学園紹介をお休みします。ごめんなさい…
小雨が降ってきた、曇天の花壇でした。



さて、七五三の豆知識?常識??ですね。
当たり前のようですが、七五三は子どもの成長を祝い、健やかに育つ事を祈願する行事です。
男の子は3・5歳女の子は3・7歳に神社などで行います。

当たり前ですね。私もしました。どこでやったのかは覚えていませんが…
ちなみに、記念写真を撮った写真館の方が、三島学園のカメラマンをしています(笑)📷

閑話休題、皆さん迷われるのは数え年なのか?満年齢なのか?だと思います。
昔は数え年だけしかなかったのですが、現在では満年齢も広く使用されていますので、どちらでも構わないでしょう。

今年の3歳は…
数え年→2015年生まれ
満年齢→2014年生まれ

今年の5歳は…
数え年→2013年生まれ
満年齢→2012年生まれ

今年の7歳は…
数え年→2011年生まれ
満年齢→2010年生まれ

これを書いていて、震災の前後に生まれた子が、もう7歳の七五三なんだな、と思います。
…こんなことを書くと暗くなってしまいますね。すみません。

では、七五三の神社はどこが良いのでしょうか。
宮城県の定番は大崎八幡宮(外部リンク)ですね。本来、土地の神社にお参りをするのが一般的でしたが、現在においては自由なようです。
ただ、人気神社は混みますので、色々調べておいた方がいいかもしれません。🔍

私自身、最後に行った七五三は子供の頃なので、ほとんど記憶にありません(当たり前か)。なので本やインターネットで調べながら書きましたので、内容に誤りがありましたら申し訳ありません。

もう一度小さい頃からやり直したい、などとばかげたことを考えている、私がいます。


この記事へのコメント