11/5、窯場の裏で。

今日は花壇の写真はお休みです。すみません…

学園紹介です。今日は大学の窯場を紹介します。
窯場へゴー!
K4020563.JPG
この砂利道が窯場に通じています。
歩きにくい…
K4020564.JPG
使われてるのかな、これ…
一つの建物を覗いてみると、廃墟のような最近使われていないような状態です。
K4020565.JPG
隣の、教室のようになっている建物は現役のようですね。

そして、あるものを見つけました。
K4020566.JPG
階段のようなものと石垣です!
窯場を取材(?)する予定ではいましたが、これは予想外でした。
一体これは何でしょう。
K4020567.JPG
空地。
余計に気になります。

回り込んで、反対側から。
K4020569.JPG
ここから入れるように、階段になっていますね。
三島学園に繋がっていることを考えると、宅地とは考えにくいし、なにか施設があったという話は聞いたことがないので、調べたくなりました。
すぐ近くに住む方に声をかけて、色々お話を伺うと、こんなことが判明しました!

・ここには、三島学園の学生寮(大学か高校かは不明)があった。
・木造二階建てで、恐らく1978年の宮城県沖地震の時にはあったと思う。
・いつ無くなったかは不明。
・三島学園がここに畑を作ろうとしたことがあったようだが、一年でやめてしまった。
・無くなった後、草が多くて困っている。
・あそこの住所は双葉ケ丘である。


他にも寮母さんとの思い出などを語って頂きましたが…
学生寮があったという話は初耳で、とても驚きました。
私の想像ですが、三島学園は宮城県沖地震で被害を受けたと聞いているので、その影響で無くなったのではないかと思いますが…どうなんでしょうか。
三島学園の住所は泉区虹の丘1丁目18番地ですが、学生寮は双葉ケ丘にあった、と聞き、調べてみました。

衝撃の事実。

学園の大部分は虹の丘ですが、一部は青葉区双葉ケ丘になるそうです。
昨日紹介した畑は双葉ケ丘1丁目36番地、本日紹介した窯場が双葉ケ丘1丁目35番地、学生寮跡が双葉ケ丘1丁目33番地だとわかりました。

三島学園は、二つの区にまたがる学園だったんですね。
…ということは、昔は二つの市(青葉区は旧仙台市、泉区は旧泉市)にまたがっていたのかな?
そう考えると、面白くなってきますね。
K4020570.JPG
この土地に、どんな寮が建っていたんでしょうか。ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
雑草におおわれた、旧学生寮跡地でした。


この記事へのコメント